今日W杯予選。なぜ久保建英はビジャレアル移籍を「失敗だった」と語ったのか

サッカー
1
自らにベクトルを向けながら、満足できる結果を残せなかった戦いの軌跡を客観的な、なおかつ俯瞰的な視線を介して総括する姿はとても19歳とは思えない。

日本代表に招集されているMF久保建英(ヘタフェ)が、千葉県内で行われている合宿4日目の27日に実施されたオンライン取材に対応。今年1月に期限付き移籍先を変えた今シーズンのうち、特にビジャレアルに所属した前半戦を「結果論ですけど、チーム選びから失敗してしまい、苦しいシーズンになりました」と位置づけた。

「スタメン争いに負けたというのもありますけど、自分が思っていた状況とはちょっと違ったというのもありました。いろいろな話があったなかでビジャレアルが一番いいと思って選びましたけど、その選択が間違いだったと。特に深い意味はないですけど」

FC東京から2019年6月にレアル・マドリードへ完全移籍した久保は、同8月下旬にマジョルカへ期限付き移籍。35試合に出場して4ゴール4アシストをマークするなど、2部降格を喫したチームで、特に後半戦は右サイドで代役のきかない存在感を放った。

迎えた2020-21シーズン。再び期限付き移籍して武者修行を積む久保の新天地候補として、スペイン国内外のさまざまなクラブの名前が飛び交ったなかで選んだのは、前シーズンのラ・リーガ1部を5位で終えていたビジャレアルだった。

しかし、UEFAヨーロッパリーグこそ先発したものの、ラ・リーガ1部では途中出場が大半を占めた。昨年12月中旬からはピッチにすら立てない状況が続いたなかで、今年1月8日にビジャレアル退団とヘタフェへの期限付き移籍が発表された。

今日W杯予選。なぜ久保建英はビジャレアル移籍を「失敗だった」と語ったのか(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)
 自らにベクトルを向けながら、満足できる結果を残せなかった戦いの軌跡を客観的な、なおかつ俯瞰的な視線を介して総括する姿はとても19歳とは思えない。  日本代表に招集されているMF久保建英(ヘタフェ)
続きを読む Source: フットカルチョ

コメント