夢も希望もなかった17歳の帰宅部員、4年後パ・リーグ盗塁王に

野球
WadaKoshiro20210722-001-thumb-600xauto-256214

1: 風吹けば名無し 2021/11/02(火) 19:58:53.39 ID:Y0Jxw/Jt0
夢も希望もなかった17歳の帰宅部員は、4年後に球界を代表するスピードスターとなった

 プロ野球は弱肉強食の世界。幼少期から神童ともてはやされたエリートがひしめく厳しい競争社会だが、なかには「なぜ、この選手がプロの世界に入れたのか?」と不思議に思える、異色の経歴を辿った人物がいる。そんな野球人にスポットを当てるシリーズ『なんで、私がプロ野球選手に!?』。第5回に登場するのは、和田康士朗(ロッテ)。高校時代は野球部ではなく、陸上部に在籍した変わり種。プロ野球とは無縁の世界にいたはずの男は、どのようにして球界屈指のスピードスターの座に上り詰めたのだろうか。

 夢も希望もない17歳の帰宅部。それが4年後、プロ球界屈指のスピードスターになると誰が想像できただろうか。

https://sportiva.shueisha.co.jp/smart/clm/baseball/npb/2021/07/22/17_1/index.php


続きを読む Source: 日刊やきう速報

コメント