香川、三笘、伊東…日本人選手がベルギーで二番目の勢力に。日本学者の見解「監督にとって夢」

サッカー
1
ベルギーリーグ(ジュピラー・プロ・リーグ)で空前の日本フィーバーが起きている。

ヘンクの伊東純也がリーグ屈指のウインガーとして地歩を固めれば、参戦1年目の三笘薫はユニオン・サン・ジロワーズの首位躍進に貢献。ベルギーで5シーズン目を戦うシャルルロワのプレーメーカー、森岡亮太も質の高いプレーを見せつづけている。

この冬の移籍市場で、新たに香川真司(PAOK→シント=トロイデン)、坂元達裕(C大阪→オーステンデ)、町田浩樹(鹿島→ユニオン)、渡辺剛(FC東京→コルトレイク)の参戦が決まり、ベルギーリーグでプレーする日本人選手は「15人」まで膨れ上がった。これは最大勢力となっているフランス(35人)に次ぐ多さだ。

香川、三笘、伊東…日本人選手がベルギーで二番目の勢力に。日本学者の見解「監督にとって夢」|ジュピラー・プロ・リーグ(DAZN News) - Yahoo!ニュース
ベルギーリーグ(ジュピラー・プロ・リーグ)で空前の日本フィーバーが起きている。 ヘンクの伊東純也がリーグ屈指のウインガーとして地歩を固めれば、参戦1年目の三笘薫はユニオン・サン・ジロワーズの首位躍
続きを読む Source: フットカルチョ

コメント