遠藤航を中盤の底に固定する必要はない? 日本代表が採用するアンカーの役割と新たな適任者

サッカー
1
プレミアでいえばマンチェスター・シティやリヴァプールが、リーガ・エスパニョーラではバルセロナやレアル・マドリードといったクラブが[4-3-3]を採用している。その中で重要なのはアンカーであり、ロドリやファビーニョ、セルヒオ・ブスケッツ、カゼミロらは高い評価を得ている。

アンカーに必要な能力として挙げられるのは、パスの中継地点になること、ボール奪取を行える守備力、そしてミスが少なく安定することだ。パスがつなげなければチームは機能不全に陥り、守備力が足らなければ中盤のフィルターが機能せず、最終ラインの負担が大きくなってしまう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f939adc362bca454749f00f8e6e450a335894811
続きを読む Source: フットカルチョ

コメント