心に響いたクロップの言葉「拓実は拓実のままでいい」。リバプール南野拓実が出版イベントに出席

サッカー
1
日本代表のMF南野拓実(リバプール)が24日夜、初の著書『Inspire Impossible Stories』(6月30日発売)の出版を記念したトークイベントを行った。客席にはリバプールのユニフォームに身を包んだファンも多く来場し、イベント中には南野に温かいメッセージも送られた。そうした中、南野は世界最高峰のビッグクラブでプレーする刺激や責任について熱を込めて語った。

講談社とオフィシャル・グローバル・パートナーシップ契約を結んでいるリバプールでプレーする南野は今年1月、講談社のInspire Impossible Storiesアンバサダーに就任。「Inspire Impossible Stories」とは講談社の創業以来の理念である「おもしろくて、ためになる」を英語で表現したもので、南野にとって初の著書のタイトルともなった。

イベントには著書の構成を担当したスポーツライターのミムラユウスケ氏とともに登壇。冒頭で南野が「19歳の時にオーストリアへの海外移籍を決断したことがサッカー人生の一番のターニングポイントでした」と切り出すと、ミムラ氏が現地で取材していたザルツブルク時代の秘話が明かされた。

心に響いたクロップの言葉「拓実は拓実のままでいい」。リバプール南野拓実が著書『Inspire Impossible Stories』出版イベントに出席(ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
 日本代表のMF南野拓実(リバプール)が24日夜、初の著書『Inspire Impossible Stories』(6月30日発売)の出版を記念したトークイベントを行った。客席にはリバプールのユニフ
続きを読む Source: フットカルチョ

コメント