【朗報】ACミランさん…イブラ離脱でも強い!このままいくとガチで優勝あるぞ!

サッカー
1: 首都圏の虎 ★ 2020/11/30(月) 17:25:23.73 ID:CAP_USER9
11月30日 AFP】20-21イタリア・セリエAは29日、第9節の試合が行われ、ACミラン(AC Milan)はズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)不在の不安を払いのけ、フィオレンティーナ(Fiorentina)を2-0で下して首位の座を確固たるものにした。

 ミランはインテル(Inter Milan)とサッスオーロ(US Sassuolo)に5ポイント差、ユベントス(Juventus)とナポリ(SSC Napoli)、ASローマ(AS Roma)に6ポイント差をつけている。


 セリエAの得点ランキングで首位に立つイブラヒモビッチは、前の週に筋肉を痛めたため観客席から試合の行方を見守った。新型コロナウイルスの陽性反応を示していたステファノ・ピオリ(Stefano Pioli)監督は指揮しなかったが、ミランは開幕から続く無敗をいまだに維持している。

 17分のアレッシオ・ロマニョーリ(Alessio Romagnoli)の先制点をお膳立てしたフランク・ケシエ(Franck Kessie)は、その約10分後にもPKで追加点をマークした。

 その後、テオ・エルナンデス(Theo Hernandez)がマルティン・カセレス(Martin Caceres)に倒されケシエが2度目のPKを蹴ったが、GKバルトワミ・ドロゴフスキ(Bartlomiej Dragowski)に防がれた。

 ミランは守護神ジャンルイジ・ドンナルンマ(Gianluigi Donnarumma)がゴールに立ちふさがり、フランク・リベリ(Franck Ribery)にチャンスを与えるも得点は許さなかった。

 ピオリ監督は試合後、ビデオ電話を通じて選手たちに話しかけたようで、ケシエは「ピオリ監督はこの非常に重要な一戦を勝利した全員を祝福してくれた」とコメントした。

「PKに関してはきょうのように決めるか外すかになるけど、次も蹴るつもり」

 一方、クラウディオ・チェーザレ・プランデッリ(Claudio Cesare Prandelli)監督の就任後2試合で連敗となったフィオレンティーナは、リーグ戦では4試合連続でゴールを挙げられておらず、降格圏が近づいている。(c)AFP/Emmeline MOORE

https://www.afpbb.com/articles/-/3318638
no title


999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



続きを読む Source: サカラボ

コメント